明石山の会

__________________________________________________

例会報告

ハイキング             芦屋鷹尾山から荒地山へ
                               

日 時  : 2020年6月28日 (日)

参加者  : L山内(記)、SL長濱、峰松、岡本、小松、迎。

天 候  : 曇 & 時々雨

行 程  : 阪急芦屋川駅10:00~山芦屋公園10:20~エルザ分岐10:35~城山~鷹尾山11:00~

       岩梯子11:40~新七衛門くら~チーズロック(昼食)11:55~12:30~荒地山頂上13:10~

       なかみ山~中央稜縦走路14:00~横池見物~中央稜縦走路14:30~風吹き岩14:45~

       高座の滝15:15~滝の茶屋15:20(🍺)~芦屋川駅16:00


 3密防止の為、芦屋川駅北側広場10時集合にした効果か2組のパーティしかいなかった。全員時間通りに揃って出発です。

数年ぶりのため少し心配しましたが最近来たという岡本さんが2番手に付いてくれて安心です。登りは結構勾配があるので

景色の良い所2,3カ所で休みました。

 城山頂上に近づいた頃に突然の木の伐採跡と多数の工事用資材が置かれた鉄塔そばに出ました。鉄塔のケーブル新替

え工事のようで登山道は迂回路になり頂上部を通れなくなっていました。

その後、鷹尾山を過ぎる頃まで同様の個所を数カ所見ました。1カ所ずつ何年もかけて工事をするよりまとめて工事をする

方が費用的にも登山者にも優しいのかもしれませんね。又その為か以前なら資材の運搬用に高所の大木から太いワイヤ

ーを張り伐採した斜面を滑車で資材を運んでいた様ですが今回伐採した斜面は見えずヘリコプターで行っている様です。こ

の方が良いのかも知れませんね。

 その後ブラックフェースとの分岐を過ぎ、暫くして岩梯子に着きます。難しくなった為かチェインと

ロープがセットされていました。雨後のため滑り易く助かりました。

岩梯子を過ぎて左に進むと新七衛門くらです。ここは重なった岩の間を抜ける為、途中でザックを外して空身で抜ける楽しい

名所です。昔昔、ここで“追いはぎが”出たそうです、本当かな?

昼前に昼食を予定していた「チーズロックとかテーブルロック」とか呼ばれるサイコロを大きくした様

な岩に着き昼食です。話をしていると上から猫の無き声が聞こえ、猫が降りてきました。暫くすると種類の違う別の猫も来て

思わずパンの切れ端を投げた所、咥えて上に帰って行きました。「多分子猫がいるよ」との言葉に誰か飼いきれずに置いて

行ったのだろうけど避妊しとかないと親も子も両方可哀そうと思いました。

 食後は木陰で見えなかった昔“3本クラック”今“サンデーモーニング”と呼ばれている岩と震災で傾いた岩を見て荒地山頂

へ向かいました。荒地山は木が茂り視界がなく人気のない山ですが南西方向下には「プロペラ岩」が有ります。岩のゲレンデ

で大きなプロペラ1枚が空に向かって立っています。

 その後何という事のない景色だけが自慢の“なかみ山”を過ぎて中央稜の縦走路に出ます。

 しばらく歩いて途中の横池に寄ります。昔はアカハライモリだけが沢山生息してオタマジャクシを食べていましたが今回は

見られず驚くほどのメダカが泳いでいました。川のメダカはのんびりと泳いでますが此処のは凄くすばしこく誰かがアカハラを

駆除した後メダカを放流し、残ったアカハラが追い回しているのかと思います。帰りにロックガーデンのゲートロックを登って

いるのを久々に見て、滝の茶屋で喉を潤しながら反省会を行いました。参加者の皆様、至らぬリーダーながらお陰様で楽し

い例会を行う事が出来ました。またの機会にもご参加下さい。ありがとうございました。                                                                     


   

___________________________________________________


例会報告のページに戻る