登山教室実技(読図ハイク)

大岩岳(384ⅿ)


日 程:2019年9月14日(土)         

天 候:晴れ

講 師:大熊・岡本  参加者:五十嵐(記)     

コースタイム:

    JR道場駅9;00 出発9:20 大岩岳分岐 ニセピーク11:20 

    昼食11:50 大岩岳12:00 丸山湿原13:00 

東山橋14:30  JR道場15:00


一週間前の9/7()に登山教室座学を受け、装備、歩行技術、行動技術、気象、コンパスの使い方、山での食事、山での応急手当を学び、一回目実技読図ハイク大岩岳に参加した。他の参加者の都合がつかず、受講生1名の参加となったが、講師2名の方が快く実施していただき感謝の実技一回目となった。

道場駅にはたくさんの登山者の方々がいて、有馬警察の方が安全登山の指導に回っていた。私たちも安全登山ハンドブックやタオルの入ったセットをいただいた。

その中の資料に、オンライン登山届受理システム「コンパス」のことが記載されていて、インターネット上で登山届を作成・提出できるとのことだった。

集合場所のJR道場駅で、コース説明、地図の見方、コンパスの使い方の説明を受け、現在地が確認できるようにジオグラフィカのアプリも起動させ、最初の分岐、東山橋にコンパスをあわせて出発した。分岐ごとに方角を確認し、ジオグラフィカで現在地も確認しながら進む。現在地の把握が大切だと感じた。大岩岳山頂で地図を見ながら、前に見えている山が何かコンパス使って探すことも教えてもらった。

崩落個所があったり、登山道がわかりづらかったりしたので、休憩時に次のポイントまでの確認、分岐を見落とさないように気を付けないといけないと感じた。

まだまだ暑い1日でしたが、講師の方々大変お世話になりありがとうございました。

次からの登山につなげていきたいと思います。

<










































































例会報告のページに戻る