石山の会    明石市西新町1丁目3-4 

日帰山行報告書 

 

運営委員会 

山行部 

担当者 

松本 

日程 

2019年1月19日( 土曜日) 

提出年月日 

2019年1月20日 

山域 

湖北  

歩行 時間 

7  時間  分 

山名 

伊吹山(1337m) 

天   候 

曇り時々晴れ 

 

 

交通機関 

 

往)西明石5:05~(JR)~高槻~米原~8:34近江長岡8:45~(バス)~9:00登山口 

復)登山口16:49~(バス)~ジョイ伊吹(入浴)17:34~(バス)~近江長岡 

交通費:JR 1 day pass 3600円+250円(米原~近江長岡)、バス360円 

 

 

登山コース 

 及び 

コースタイム 

    

 

登山口9:15…11:00三合目…11:30避難小屋(昼食)…13:00頂上13:30…16:30登山口 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー 

    

No 

氏   名 

No 

氏   名 

No 

氏   名 

 

L 松本光司 

 

 

11 

 

 

  中村博幸 

 

 

12 

 

 

 

 

 

13 

 

 

 

 

 

14 

 

 

 

10 

 

15 

 

 

 

現地の状況 

    

今冬は積雪が少ない。植生、岩が露出している。 

登山者はかなりいた。 

登りはほとんど曇りで頂上からの展望なし、下山時に晴れ間があり景色が拝めた。 

頂上直下の雪も少なく、雪の急登の直登ではなく、夏山道で登った。 

帰りにジョイ伊吹の薬草湯で温まったが、バスの関係で慌ただしかった。 

 

 

 

 

 

山行のまとめ 

 

考察 

 

 

 

 

雪山教室実技で比良の蓬莱山の予定であったが、参加者の希望で急遽伊吹山に変更し 

た。てっきり積雪は例年どおりと思い土曜日なので踏み跡も少ないかとワカンまで 

持って行ったが、登山口では雪がなく頂上に雪があるのかと心配なほどであった。 

2合目と3合目の間で夏から雪が出てきた。ほとんど夏道通しに歩き避難小屋でアイ 

ゼンを履いた。例年だと直登になる9合目も岩と樹木が露出している。頂上は風があ 

り寒かったが、曇りで視界が悪い。通常、頂上直下の9合目は急登で、下を見るとす 

り鉢状で危険なのでピッケルで下山するが、今回はストックで下山できた。 

・ヒヤリ・ハット情報(例:滑落、転倒、落石、道迷い、ハチの巣等)の有無 

 なし 

 

・事故(治療を要するケガ、下山遅れ、ビバーク等)の有無 

 なし 

 

 

 

 

 

 

 

 

日帰山行報告書


運営委員会

山行部

担当者

松本

2019915日(日曜日)

提出年月日

2019916

六甲山

歩行 時間

7 時間 00

堡塁岩

天   候

晴れ



交通機


 JR六甲道駅 8:45~バス~9:00 ケーブル下駅9:15~ケーブル~9:30 ケーブル山上駅

   


登山コース

 及び

コースタイ

   


ケーブル山上駅 9:40…10:00 堡塁岩16:20 ・・・16:40ケーブル山上駅






メンバ

   

No

氏  名

No

氏  名

No

氏   名

L 松本 光司


11


 小原 雅之


12


 中村 博幸


13


 大堂 義弘


14



10


15




   



山行のまとめ

  と

考   察





 9月中旬であるが今日も真夏の暑さが続く。不動岩から標高が高くちょっと

は涼しい堡塁岩に変更したが、やっぱり暑い。7月初めに来たときは人が多かっ

たが、今日は三連休でクライマーも遠くに行ってるのかガラガラである。

 ザック置き場から直ぐ近くの「ダッコちゃん4+」にロープをセットして

懸垂下降で下に降りて登る。前回は最後に登ったので疲れおり、さっぱり

登れなかったが、今回は何とか登れた。取付と上のオーバーハングが難しい。

 以前はもう少し楽に登れたが、最近は筋力とバランス力が落ちているのか

難しく上部のオーバーハングも横に逃げた。次に隣の「ビスケットチムニー

Ⅳ級+」に挑戦、上部から岩がかぶさるので途中で右にトラバースして登る。

 ついでに近くの「チビッコフェイス」ニロープをセットする。下部の「真ん中

クラック3級」は簡単。ところがルート上部の「直上ルート5級」は,3級クライ

マーにとっては難しい。手や足を掛けると所がほとんどなく苦戦。

 最後にマルチピッチの「東稜4級」に行く。前回は最初に登ったので易しく

感じたが、今回は最初の「ダッコちゃん」で腕の筋力を使い果たしヘロヘロで

力が入らず、えらく難しい。マルチピッチで時間もかかり喉の渇きも頂点に

達して疲労困ぱい。歩いて下山の予定が遅くなり、帰りもケーブルカーに乗る。

 六甲道で冷たいビールで喉を潤してようやく生き返った。

 難しいルートが多いが、練習するともっと登れそうである。(松本)










  
                         <

例会報告


 

 

















































































































































例会報告のページに戻る